よくあるご質問

素朴な疑問にお答えします。

不動産って難しい。わからないことだらけ。そんな方も多いと思います。よくあるご質問とその回答を掲載しております。あなたの疑問も少しは解決できるかもしれません。参考にどうぞ。

またご質問のある方はお電話、メールで受付しております。

別途回答をさせていただきます。

賃貸契約の場合、初期費用はどのくらいかかりますか?

一般的には、およそ家賃の6ヶ月が必要と言われています。内訳としては「敷金」が家賃の2ヶ月分、「礼金」が家賃2ヶ月分、「賃料」が家賃1か月分「仲介手数料」が家賃1か月分となっています。近年は家賃の保証会社にお客様負担でご加入いただくケースも増えてきています。


なお、6ヶ月というのはあくまで目安です。礼金などが不要の物件があったり、また、引越し費用等も含めると、実際にかかる費用は6ヶ月より多いことも考えられますので、できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。

家賃を決めるときの目安はありますか?

家賃は生活費において、毎月支払う必要のある費用のため、支出における家賃の占める割合が高すぎると生活が苦しくなり、申込の際の審査も厳しくなると思われます。


家賃の目安としては、総収入の1/3くらいが目安だと考えられます。また、家賃以外の管理費や駐車場代といった月々にかかる費用も計算に入れる必要があるでしょう。

駅からの徒歩時間はどのような基準で決めているのでしょうか?

不動産表示では徒歩による所要時間をを「 80m = 1分 」と定めています。
道路距離80メートル毎に1分と換算し、1分未満の端数は切り上げて表示するよう定められています。
例えば、道路距離1000mの場合、1000m÷80=12.5なので0.5を切り上げて徒歩時間は、「徒歩13分」となります。

不動産購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金のほかにかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金などのほか、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料など、また、中古物件などでは仲介手数料もかかります。
一般的に新築物件の場合は、物件価格の3~7%くらい、また中古物件の場合は、物件価格の6~10%くらいを目安とするとよいでしょう。ほかにも引越し代等も見込んでおく必要があります。

 

諸費用の割合が占めるのも大きい金額になります。

計画的に資金を積み立てておくことが大切ですね。

不動産を販売する時に結ぶ「媒介契約」にはどのような種類がありますか?

媒介契約には「一般媒介」・「専任媒介」・「専属専任媒介」の3種類があります。
「一般媒介」は複数の会社と媒介契約を結べますが、仲介会社の報告義務がありません。販売状況の確認などは自ら行う必要があります。


一方で「専属専任」・「専任媒介」は、媒介を依頼した業者以外への依頼はできませんが、報告義務などの責任が仲介会社に発生しますので、販売状況の確認などをする必要がなくなります。
なお、「専任媒介」と「専属専任」の違いはその報告内容などのほか、自ら買主を探すことにおいて「専任媒介」は可能ですが、「専属専任媒介」では不可であるという点もあります。

賃貸契約にかかる日数はどのくらいかかりますか?

気に入った物件に申込みをしてからおおよそ2~3週間の日にちが必要となります。その間、貸主及び管理会社等の入居審査や、賃貸保証会社の審査があり、承認が降り次第契約書の作成、重要事項の説明、契約の締結という流れになります。また、物件のリフォームが終わっていない場合はさらに入居までに時間を要する場合がありますので注意が必要です。

あらかじめ入居希望日をご相談いただくことが一番です。

売却の査定を依頼したいのですがどのくらいの日数がかかりますか?

18時までにご依頼をいただきましたら机上での査定に関しては即日回答をさせていただきます。

ただし、正式に媒介契約を結ぶ際には物件を確認させていただく必要がございます。

また、必要情報が不足している場合等は回答できかねる場合もありますのでご了承ください。

お客様のご納得のいく価格を出させていただくよう努力いたします。

売却することを断念しても、仲介手数料は払わなければいけないのですか?

仲介手数料はあくまで成功報酬ですので、ご売却が成立しない場合にお支払いいただくことはございません。

但し、特別にご依頼いただいた業務等に費やした費用については、場合によりご負担を強いられる場合がありますので、ご注意ください。

住みながら売却することはできるのですか?

可能です。実際にお住まいをご売却される方の多くが、住みながら売却をされています。

ご購入希望のお客様をご案内する際にはご協力をお願いいたします。

物件の印象は売主様の第一印象でも大きく変わります。

笑顔で買主様と接することを心掛けていただくと幸いです。

バルコニーの向きにおすすめはありますか?

日照時間が長く暖かい南向きはもちろん、朝日が当たる東向きは良好なイメージがあり一般的に人気があります。西向きは夏の暑さが敬遠されがちですが、冬は暖かいところはメリットです。最後に、価格が安いことが北向きの最大のメリットですが近年はあまりバルコニーの向きを気にされない方も増えてきています。

お部屋探しにおいて、大切なことはバルコニ-を遮る隣接した建物等が無いかの確認をしっかりと行う必要があると思います。

売るか?貸すか?で迷っています。 相談だけでもいいですか?

もちろん大丈夫です!売却か?賃貸か?どちらにもメリットやデメリットがあります。
家賃の相場や売却の相場などのアドバイス、査定書の作成やご相談も「無料」でさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

自己資金が少ないのですが、こんな私でも購入できるのでしょうか?

自己資金とは、物件の購入に充当する頭金と諸費用の合計のことです。
一般的に住宅ローンは、物件価格の80%~90%程。つまり、物件価格の10%~20%は用意しておきたいものです。 とはいえ、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローンなどの利用ができる事もございますので、お気軽にご相談ください。

一度具体的に相談をされるのも一つです。お客様の現状に見合ったプランをご提案させていただきます。

売り出し前に、リフォームはしたほうがよいですか?

普通はリフォームする必要はないと思います。買主様の好みの問題もございますので、一般的には買主様が行う場合が多いです。

しかし、あまりにも古かったり、汚れが目立つような場合は、少しでもリフォームすると見学者にとって印象が良くなり、早期に売却が決まったりすることもあります。 当社においては内装のリフォームについてもご提案可能です。